お役立ちサイト
スーツケース・旅行用品のトラベラーストア 直前割引バナー JAL日本航空 先得
最新記事
プロフィール
2004年からハワイ島に住んでいます。ハワイに来てからとりこになったフラと毎年開かれるフラの祭典・メリーモナーク。 また、ハワイ島でフラのワークショップやメリーモナークチケット投函代行などやっています。

いるかお

Author:いるかお
★ハワイ島・ヒロ在住。
★シングルマザー
★ハワイ島でフラを習っている(カヒコ)
★フラ大好き!
★ハワイアンキルト大好き!
★お料理大好き!
★イルカ大好き!
ハワイ島のことなんでもメッセージを下さいね。

フラレッスンの様子


フラレッスンのスライドショー

メールフォーム
ハワイ島の質問・フラリトリートのパンフレット・ヒモのパウスカートの問い合わせ・ブログの感想など、何でもどうぞ。

HN:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
ハワイでフラレッスン
ハワイ島でクムフラから直接レッスンを受けてみませんか? 2時間のプライベートレッスンから、本格3日間のフラリトリートまで。
Hula Retreat Hawai'i
http://hulahawaii.web.fc2.com/
Facebookページ
Twitter
ブログの最新記事もつぶやきます。お気軽にフォローをどうぞ。

オススメリンク

↓自分を見つめなおすハワイ滞在


ハワイのイルカとフラを愛して



アロハボイス

ハワイ フラ生活

MITUKARE総合情報サイト集

↓私のブログ記事も紹介されました。
ハワイ島
旅行口コミ情報
カテゴリ
Aloha!
来てくださってありがとう。
RSSリンクの表示
お勧めハワイ・フラ関係商品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカと日本の違い~ツベルクリン反応

息子が学校へ行くにあたり、絶対に必要なのが
「ツベルクリン反応」。
アメリカでは「TBテスト」と言います。

この結果が日本とアメリカでは全然違うとらえ方をするのを
息子が学校へ行くにあたり、再確認したのでした。
それは、ツベルクリン反応の結果の良し悪しが
アメリカと日本でまったく逆!なんです。

日本ではツ反をした後「陰性」つまり反応がない場合は×
体に「抗体がないので良くない、感染の可能性がある」
ということで、BCGを受けて、体に抗体を持たせます。
つまりこれで将来、結核菌が体に入っても「抗体」があるので
戦える体ですよという安全。("転ばぬ先の杖"的発想?)

でも、アメリカではツ反で「陰性」がでれば
「感染していない」ということで
OKなんです。
アメリカでBCG注射の接種は聞きません。

多分、日本人がアメリカの学校へ入るときとか
ビザの申請とか、これによって困る方もいるのかな?とか想像されます。
だって、結核にかかったことがないのにBCGを受けてるから
「陽性」になる可能性は高いですよね・・・。

ツベルクリン反応(TBテスト)は
ハワイでは子供が学校に入る前には必ず必要とされているようです。
また、就職先でもまずツ反を受けるよう言われることが多いようです。

ツ反を受けると、こんな結果のカードがもらえます。
これを学校や職場へ提出するわけです。
息子は勿論、陰性!◎!
ツ反結果用紙
病院で働いたことがあるので、ちょっと驚きました。
この捕らえ方の違いに・・・・。
これから私が就職するときとか、面倒な事になりそうです。

それとヒロでは、
毎週火曜日にこのTBテストを公共でやっている所があります。
(旧裁判所のテラスで午後1時~2時)
保険や人種は関係なく、IDを持っていくと受けれます。
木曜日に判断され、上記のような紙をくれます。

いろいろ勉強になります、海外暮らし。
応援をお願いします。↓↓↓ポチッ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ  MAHALO!

テーマ:ハワイ生活
ジャンル:海外情報

タグ:ハワイ島 育児

Comment

leaneさんへ

原因が分かってよかったですね。
お国が変わると、まったく違うことってあります。
お役に立てて嬉しいです。

はじめまして!

私は、ツベルクリンの検査何度となく行ってすべて結果は陰性(全く皮膚に変化なしで)・・・というか再検査みたいなのになって、ここまで反応がないのはおかしいみたいに言われてしまって、心配になってぐぐって、イルさんのブログにたどり着きました^^
安心できました!!本当にありがとうございます♪

エイミーさんへ

やっぱりそうなんだね・・・・。
こういうのなんか証明できるといいよね。
前もって日本のお医者さんとかに書いてもらえるのかな?

no subject

あたしも学校に入る際に受けたけど…見事に陽性でしたよね。そして、ものすっごい腫れたので、ぱっと見ただけでレントゲン撮ってきなさい!と言われました(^^;アメリカは逆だったんですねー。レントゲンなんて受けさせられた事がなかったので、あの時はハラハラしちゃいました!

Bigbirdさんへ

多分、菌を体に入れること自体「なんで?」という発想?でしょうか?
結核にかかっている人を見つけて、菌がある人が治療を受けるというのが筋?という感じ。もともと健康な人にわざわざ菌を入れないで欲しいと、うちの旦那は言ってました。

muneさんへ

良かったですね!面倒な事にならなくて。
ホント、お国変わればなんですけ・・・これって世界共通とかでなくていいのでしょうか?

トモさんへ

陰性だったんだ!ラッキーだね。
私はどうかな?????多分陽性かな?
菌じゃなくて抗体よ!って
上手く説明できるといいんだけど、だめかもね。

理恵さんへ

そうですか・・・やっぱりそうなんですよね。
私もこれからそういうことありそうです・・・・。

不思議~

面白~い。
どっちが安心なんでしょうね~。
BCGをしないってことは、菌にさらされたら、かかってしまわないんでしょうかねぇ、不思議。

TB test

俺も先週テストしました。
やばいかなーと思ってましたが、腫れがみられないからOKだと言われました。

よかったー。

no subject

なるほどぉ!そういう発想だったんだ。

けっこうGC申請のTBテストでツベルクリンの注射を子供のときにしてたために、陽性反応がでてしま
って、数ヶ月の薬の服用とかさせられたっていうケースを聞きますね!

ちなみに、わたしはなぜか陰性反応で、うらやまし
がられましたよ!

no subject

TBテスト、私は悩まされた一人です…
こちらの大学(CA)に入るときに受けたんですが、日本で昔BCGを受けた私は、結果はもちろん陽性=感染だったので、まずは肺のX線を取り、その後2週間も薬を飲まされました…v-12
国間での考え方の違い、厄介です…
非公開コメント



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。